本文へスキップ

一般社団法人 全日本イラスト協会はイラストをお仕事にする人・したい人を応援します!

会社方針設立理念

設立理念

1.イラストの楽しさを広げる
1.イラストを職業にする
1.イラストレーターの養成・質の向上
1.イラストレーターの権利向上、社会的地位の向上

イラストでお仕事をするという夢を、あきらめていた方、追い求めている方、プロ後して活躍したい方を全力で応援するために一般社団法人 全日本イラスト協会を設立しました。


理事長メッセージ

CEO

当協会を設立した理事長の大串明弘と申します。私は某イラスト制作会社の運営に携わり今年で20年になります。営業、リクルート、教育、品質管理などの経営面を担当してきました。この業界に長く携わっていくうちに、いくつかの壁に直面しました。

1.イラストレーターの社会的地位が低く、職業として成り立ちにくい

日本ではイラストの価値が過小評価されているケースが多く見られます。

例えば、カットイラストを1週間で100点、素材集として販売したいので著作権込みで制作料は1万円というような依頼です。書き込み具合にもよりますが、平日5日間で制作すると1日あたり20点とかなりの数です。1点の制作時間が30分だと1日10時間、1時間かかると1日20時間必要になります。著作権込みですから、依頼者が自由に複製・販売できることになります。そして、1点あたりの制作料は100円という計算になります。30分で1点制作できれば時給200円、1時間かかってしまえば時給100円のお仕事になります。人によっては寝る時間も削って制作しないと納期には間に合わないでしょう。

これは極端な例ではありますが、似たような仕事を発注してくる会社が実際にたくさんあるのです。

残念なことに、このような仕事を受けてしまうイラストレーターがいるのが現状です。「安くても実績を積みたい」「書籍に名前が載るから」「今回良ければ次は単価を上げると言われたから」等の理由があるのかもしれません。

これは公共事業等を不当に安い金額で入札して仕事を得る「ダンピング受注」と似ています。ダンピング受注によって、企業の赤字増加、品質の低下、労働条件の悪化等を招き、業界の健全な発展を阻害するおそれがあるとして、国は「最低制限価格制度」等を設け、ダンピング受注の防止策を導入しました。

イラスト業界も、ダンピング受注を続ける限り、職業として成り立たず業界の健全な発展も見込めないことは明らかです。

2.泣き寝入りが多い

実際にこんな発注依頼がありました。まだ仕事を始めたばかりの頃でした。X社という従業員数名の小さなコンテンツ制作会社からの依頼でした。300点のイラストを発注したい、300万円払うが納期は2週間なので寝る暇はないよと言われました。1点あたり1万円なので特急料金を考えても悪い仕事ではありません。支払いは納品から30日後とのことでしたので条件も悪くありません。しかし、引っかかることがあり、最終的に受注しませんでした。

その1ヶ月後、仕事で別の会社を訪問すると、偶然にもX社が入っていたビルでした。驚いたことに、X社はもうそこにはありませんでした。夜逃げのように突然居なくなったとのことでした。約束していた支払日前に居なくなってしまったのです。もしその仕事を受けていたらと思うとゾッとしました。実はこういう事例は他の業界でも聞いていたので、受注を見送ったのです。

プロのイラストレーターの方々からも、仕事をしたのに代金を支払ってくれない、納品後に一方的に値下げされてしまった、何度も書き直しさせられ予定の何倍もの時間がかかり赤字だった等の話をしばしば耳にします。

イラストレーターの社会的地位が低く、ひどい扱いを受けつつも泣き寝入りしているプロの方々が非常に多く見受けられます。せっかくプロとして活動してもこれでは職業として成り立ちません。

3.プロのイラストレーターになる方法が確立されていない

イラストレーターにも種類があると思います。有名イラストレーターになれれば芸術家の仲間入りを果たせたと言えるでしょう。自分の描きたいものを描いていてお金がもらえることが多くなります。

では有名イラストレーターになるにはどうしたら良いのでしょうか?その前に、プロのイラストレーターになるにはどうしたら良いのでしょうか?

学校へ行ってもイラストを描いたりする「技術」は学べても、どのようにプロとして活動していくかを学べるところは非常に少ないようです。

残念ながら、「こうしたらプロそてい活動できる」という明確な方法がありませんでした。

一緒にこれらの「壁」を一緒に打ち壊しませんか?

以上のような業界の課題を解決するにはどうしたらいいのか、長年にわたり試行錯誤を重ねつつ、その答えを求め考え続けてきました。

そして、ようやくこれらの課題をすべて解決できるであろう方法を考え出し、一般社団法人 全日本イラスト協会を設立しました!

一気にすべての壁を壊すことはできませんが、ひとつひとつコツコツと、時には大胆に『壁』を壊していきます!

イラストをお仕事にしたいいう夢を現実のものにすべく、イラストレーターという職業を確立し、プロになりたい人、プロとして活躍している人を最大限にバックアップし、社会の皆さまに貢献できる人材を育てます!

まだまだ生まれたばかりの手探り状態の団体ではありますが、業界を変える革新的な事業を行う予定です!

そのためにはあなたの力が必要なのです!

当協会の会員になって一緒に夢を追い求める人を、私は、単なる「仲間」としてではなく、「家族」のように想い、全力でサポートさせていただく所存です。

楽しくイラストを描き「私の職業はイラストレーターです!」と胸を張って言える人がたくさんいる世の中にするために、一緒に頑張りませんか?

 「イラストをお仕事に!」を合い言葉に、一緒に、あなたの夢をつかみましょう!

一般社団法人 全日本イラスト協会
理事長  大串 明弘