本文へスキップ

一般社団法人 全日本イラスト協会はイラストをお仕事にする人・したい人を応援します!

イラストをお仕事にしたい方へイラストをお仕事にしたい方へ

イラストをお仕事にしたい方へ

イラストレーターは職業として成り立つの?

「イラストをお仕事にしたい!」と思っているあなたは、きっとこの問題につまづいていることでしょう。

「イラストを描いて食べていける分けないでしょう!?」と親や家族にたしなめられているかもしれません。本気でやろうと思っても、その不安がまとわりついているかもしれません。実際に活動を始めてみたけれど全然稼げないという人もいるかもしれません。

果たして、イラストレーターは職業として成り立つのでしょうか?

常識的に考えると、現実的には「難しい」と言わざるを得ません。


なぜ職業にできないの?

なぜ、イラストレーターを仕事にするのは難しいのでしょうか?

いくつかの主な理由が考えられます。

1.プロになる方法が分らない
2.顧客を見つけられない
3.単価が安い
4.交渉ができない
5.トラブルを防止・解決するのが難しい


簡単に説明します。

1.プロになる方法が分らない

仕事をする前に、あなたはプロ(プロフェッショナル)に成らなければいけません。なぜなら、顧客が探しているのはプロのイラストレーターであり、素人ではないからです。

では、いつから「プロ」を名乗りますか?

そもそも「プロ」とは何でしょう?ある辞書では「ある物事を職業として行い、それで生計を立てている人。」とあります。確かに素人とプロの違いは、対価として“お金をもらうかどうか”であるとも言えます。

では、まだお金をもらっていない、生計を立ててもいない段階ではプロと名乗れないのでしょうか?顧客がプロを求めているというのに、プロと名乗れない状態で、お金をもらえる仕事をどのようにして見つけることができるのでしょうか?

「卵が先か、鶏が先か」という堂々巡り議論になってしまう難しい問題です。

2.顧客を見つけられない

何とかしてプロと名乗ったとしましょう。どのようにして、あなたのイラストに対価を払ってくれる顧客を見つけたら良いのでしょう?

広告を打てばいい?どのように?いくら必要?効果が無かったらどうする?

不安要素がたくさんあります。実際にやってみているが上手くいかないという人もいらっしゃるのではないでしょうか?

3.単価が安い

めでたく、イラストを発注してくれる顧客を見つけたとしましょう。その仕事はとっても単価が安いと思われます。なぜなら、プロと名乗っていてもあなたがどれだけの仕事ができるか、その顧客は分らないからです。あなたが描いた作品を気に入って発注してくれたのかもしれません。

でも顧客は不安です。希望する内容と品質のイラストを本当に描いてもらえるのか?納期までにちゃんと納品してくれるのか?発注する顧客にとって、実績のない知らない人に発注するのは相当のリスクが伴います。もし使い物にならなかったらなど、万が一のことも考えて、単価を安く発注せざるを得ないこともあるのです。

しかし、それでは、寝る暇が無いほど忙しく働いても、たいしたお金をもらえません。

4.交渉ができない

それではいつまでたっても生計を立てることはできません。本当の意味でプロになれないのです。

プロとしての能力を磨くのは当然のこととして(それもどうやったらいいのか分からないかもしれません)、自分が提供するサービスの価値を顧客に認めてもらうべく、プレゼンや交渉をする必要があります。

悲しいことに、イラストレーターを使い捨て同然に考えている顧客も実際に少なからずいるのが現実です。「この金額でやってくれる人は他にもいるから、断ってくれてもいいよ」と言われてしまうかもしれません。

顧客を納得させられる交渉力と実力も必要です。

5.トラブルを防止・解決するのが難しい

さて、無事に約束通り納品できたとしましょう。

「期待していた絵と違っているから書き直して」と言われたらどうしますか?何度も何度もそう要求されたらどうしますか?結果的に顧客がOKを出さず、お金を払ってくれなかったらどうしますか?

「この品質なら半額しか払えないな」と言われて、一方的に約束の金額を払ってもらえなかったらどうしますか?しかも、発注が「口約束」だったら?

最悪、顧客が支払日をずるずると延ばしたり、理由を付けて支払いを拒否したらどうしますか?

プロのイラストレーターになるということは大変な道ですね。自分一人でやろうと思ったら、ほとんどの人が挫折してしまう険しい道のりです。

当協会があなたの夢を応援します!

もし上記の課題を解決できる方法があったら、あなたの夢への大きなステップになると思いませんか?

イラストは人の心を豊かにしたり、能力を開発したりできる、最も身近な素晴らしいものです。

字も読めない小さな子供に夢を与えることができます。
暗く沈んだ心を慰めたり、楽しい気持ちにさせることができます。
時には生きる希望も与えるでしょう。

イラストを描くことで、脳力開発ができたり、老化を防止したりすることもできます。

イラストを見たり、描いたりすることは、人類により多くの幸福をもたらす可能性があるのです。

イラストでたくさんの人を幸せにすることが仕事になったら、こんなに素晴らしいことはありません!

当協会は、現在あなたが抱えている問題の解決策を提案し、あなたの夢が実現できるように応援していきます!

当協会では順次、以下を目的とした数々の事業を行っていきます。

1.プロになるための技術向上、必須知識・スキルの取得
2.プロとして認知される仕組み作り
3.仕事を得る仕組み作り
4.プロのための支援、福利厚生


詳しいことはまだ発表できませんが、順次公表していきます。

インストラクターとして収入を得よう!

当協会では、第1に、イラストをお仕事にする基盤作りから始めます。自分が描いたイラストで生計を立てていくことが難しくても、他に収入を得る手段があれば良いわけです。

多くの人は、関係の無い仕事をして生計を立てながらイラストを仕事にする道を探っています。

当協会では、イラストを教えることで収入を得る仕組みを作りました。関係の無い仕事をするよりもイラストに携わる仕事をすることのほうがはるかに楽しいですし、教えるというこで自分のスキルや知識も増していくというメリットもあります。

まずは当協会の「イラストインストラクター検定」に合格し、資格を取得します。

合格後に協会に加盟し「公認インストラクター」になると、自らがインストラクターを養成し、資格認定をすることができます。(*1)

公認インストラクターになると、協会公認イラスト教室「ハピイラ」で教えたり、教室を始めたりすることができます。(教室は自宅でも良いですし、特定の場所でなくても構いません。)

もちろん、そのノウハウは講習会等で学べます。

教えた経験がなくても、教えることに自信が無くても大丈夫な仕組みになっています。仲の良い人と普通に話せる人であればインストラクターとして活躍できることでしょう。

教える対象は、子どもからお年寄りまでたくさんいます。インストラクターになりたいと考えている人たちもたくさんいることでしょう。

教室もインストラクターも少ない開始当初こそ、絶好のチャンスです!
ぜひこのまたとないチャンスをつかみ取り、夢への第一歩を踏み出して下さい!

あなたの夢を全力でサポートすることをお約束します。


公認イラストインストラクターとは

○○○○○○○○イメージ

すぐに稼げる資格です!

当協会のイラストインストラクター検定(1級〜5級)に合格し、指導会員として協会へ入会した方は、協会公認のイラストインストラクター(略してIR)となります。IRは公認教室「ハピイラ」や、協会主催の講習会・イベント等で講師になることができるだけでなく、新しいインストラクターを養成し、資格認定をすることができ、大きな収入を得ることができます。

イラストインストラクター資格を得るためには、講習を受講し検定を受検して合格する必要があります。各級とも、基本講習・試験は費用が決まっており、総費用の50%がインセンティブとしてIRに支払われます。

スタートアップキャンペーンとして『特別3級イラストインストラクター講習・試験』を開始!(期間限定・人数限定)

今だけのうれしい特典がたくさんあります!

特典の一部をご紹介すると・・・
いきなり「3級イラストインストラクター資格」が取得できる
★自らが講習・試験を行わなくても、本部主催の講習・試験に受講生を送るだけで収入になる
★受講前実技試験に合格出来なかった場合は、審査料を100%返金保証!
などなどたくさんの特典をご用意しています。

詳しくはご紹介下さった方もしくは当協会へお問い合わせ下さい。

※等 協会へ入会は任意ですが、入会しない場合は公認インストラクターとしての活動は一切できません。資格保持者(検定合格者)はいつでも入会することができます。

*1…イラストインストラクター1級は本部認定のみ

※当協会では、資格取得後のサポート等も行っておりますが、会員への業務の斡旋・委託、収入の保証等はいたしておりません。資格の取得は収入を保証するものではありません。